【SUPER LIGHT LIVE ~extra~】


GARNET CROWのカウントダウンライブから1ヶ月ほど経った頃、SUPER LIGHT初の単独ツアーライブに参加しました。
SUPER LIGHTはおかもっちのソロ名義です。
大阪hillsパン工場の「OKAMOTO NIOGHT」ではなく、関東のライブハウスで単独ライブ。
最初から最後までおかもっちのみ。
なんとも不思議な感じがしましたね。
そしてこのライブは、一言でいえば「とてもおかもっちらしい」ライブでした。


このライブはスタンディングで、整理番号は後ろのほうでした。
会場に入るとすでに、満員じゃないの?と思うほどの人が。
そろそろ無理じゃないかな…というくらいになってもまだ人が入ってきます。
正直、驚きました。
勝手に心配していたんです。
GARNET CROWのファンも少なからず来るとはいえ、どれくらい人が入るのかなぁ、と。
結局、ライブが始まるまでに、最初の場所からかなり移動していました。
ステージも、頭上のモニターも見えにくかったです。
それでも、こんなにおかもっちのファンが!と思うと、嬉しくなりましたね。

そんなライブの1曲目は「Dime La Verdad」。
「なんちゃってラテン語」の曲です。
リリース時に「フルで作ってもよかったかな」と言っていたおかもっち。
ライブはCDより長いバージョンだったような気がします。
そしてCDとは違った、崩した歌い方になっていました。
一方でアレンジ・ギターはCDに忠実。安心感があります。
こういうのはほんとにおかもっちらしいです。

3曲目が終わったあたりで、「歌うってしんどい…」と言っていました。
がんばれー!なんて、客席とのやり取りが微笑ましかったですね。
MCでは、おかもっちが大好きなサッカーの話題が出ました。
ちょうど大きな大会があった頃。
おかもっちが自作の応援歌でエールを送っていましたね。
MCは終始ほのぼのと、まったりとしていました。
その雰囲気はGARNET CROWのライブとも似ていました。
違っていたのは、このライブでは黄色い声援が多かったことでしょうか。
「おかもっちかっこいいー!」という声が何度も聞えてきました。
中には、「結婚してー!」なんて声も。
それには「ミュージシャンはやめときー」と律儀に返していたおかもっちです。
広くはないライブハウスということもあり、客席とのやり取りも多かったように感じました。

GARNET CROWのファンクラブイベントのように、おかもっちもプレゼントコーナーを用意してくれていました。
一つは、チケットの半券を使ったもの。
もう一つは、その名も「最南端から来たでしょー!」(…だったかな?)
大阪公演では「最北端」だったそうです。
「ようこそお越しくださいました!」という、おかもっちの気遣いを感じましたね。

GARNET CROWのライブでは、ステージへ向ける視線の先に困ります。
見るべき人が4人もいますからね。
でもこのライブでは、おかもっちただ一人。
安心してじっと見ていました。
おかもっちはやっぱり、ギターをかき鳴らしている姿が一番かっこいいなーと思いました。
CDジャケットでは「貴公子」だったりしましたけれど、目の前の姿にはかなわないなぁ、と。

ラストは、私が大好きな「LOST CHILD」。
作詞は七さんです。
ふっと気持ちを軽くしてくれるような応援ソングかなと、聴くたびに思います。


ところで、このライブはDVD化の際に、ほとんどのMCがカットされていました。
GARNET CROWのライブDVDも、あまりMCは収録されていません。
由利さんは、「それは来てくれたお客さんの特権ということで」と言っていましたね。
対しておかもっちは、「MCも収録したい」と。
そんなおかもっちだったので、自身のDVDにMCを入れられなかったのは残念だったのではないかな。
このライブDVDを観て、まず先にそんなことを思ってしまいました。
ちなみに、このライブDVDのタイトルは「Bootleg」。
「海賊版」という意味だそうです。
さらに、アルバムのタイトルを「Now Printing...」(只今製作中)としてみたり。
こんなひねくれ感もおかもっちだなぁと、にやりとしてしまいます。


GARNET CROWの解散後もCDのリリースを待っているのですけどね。
いきなりライブ!でもいいのですけれど。
SUPER LIGHTの情報がほしい今日この頃です。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)