【GARNET CROW livescope 2010+ ~welcome to the parallel universe!~】


ライブのタイトルどおり、どこか別の世界に来てしまったかのようなオープニングでした。
ライトが当たって由利さんの姿が見えた瞬間、わぁっと興奮したことを思い出します。
階段に座って歌う由利さんはまるでお姫様のようでした。
しっとりと「Marionette Fantasia」を歌い上げる姿にぞくぞくしましたね。


2曲目からは階段を降りて、いつものスタイルです。
アルバムの中で大好きな「tell me something」はゴスペル隊が入って、重厚な感じになっていました。
みんなノリノリです。
この曲で客席も立ち上がったように思います。
GARNET CROWのライブでは、こんな風に曲によって立ち上がるタイミングが異なっていました。
会場ごとにそのタイミングが違ったこともあったとか。
インタビュー記事でだったでしょうか。
「ステージから見ると、手拍子をしてノっている方や目をつぶってじっくり聴いている方など、みなさんそれぞれライブを楽しんでいる」
メンバーのそんな話も見聞きした記憶があります。
私もいつの頃からか、みんなけっこう自由なんだなぁと気付きました。
それからは、疲れたら途中で座ったり、盛り上がるときには立ち上がったりしていましたね。
私のそんな姿も、ステージから見られていたかもしれません。
「自由に楽しんでる人がいるなぁ」なんて…。

「空に花火」や「strangers」など、今ライブDVDを観て安心します。
おかもっちのギターがCDそのままで違和感なく聴けるんです。
以前からおかもっちは、「ライブになると、CDと変わってしまう」とはしたくない、と言っていました。
ライブならではの「ライブバージョン」ではなく、「なんとなく違う」。
そのように感じることが、このライブではとくになかったなぁと、あらためて思いました。
そして、「つなぎで入れるだけのギターソロならいらない」とも以前から言っていたおかもっち。
これには納得です。
ライブではとくにギターソロが、ほんとうにかっこいいんですよね。
ギターのテクニックなどはまったく分からない私ですが、魅入ってしまいます。

恒例になったおかもっちコーナー、今回は由利さんのかわいらしい呼び声からです。
「すーぱーらいとくんでーす!」
そして由利さんのかわいらしさは、曲の間も続きます。
おかもっちが「Lose My Breath」を熱唱している間、隣でぴょこぴょこと。。。
なんとダンスを!
途中で古井さんも参加!
ライブ前に考えた即席のダンスだったそうですが、主役のおかもっちよりそちらの方に目がいってしまいました。
息継ぎの難しい曲を歌っていたのですけどね。
おかもっちの歌声は、のちのソロライブでしっかりと聴くことができました。

ライブの定番「wish★」は、メドレーになることも多い曲です。
このライブでは「nonsense」から「wish★」の流れでした。
何度やっても、手のフリが楽しい!
そして、毎度のことながら完璧にはできていなかったと思いますが、それもまた楽しい思い出です。

「アオゾラカナタ」では、曲に合わせてメンバー紹介です。
こういう「ライブなノリ」はやっぱりいいですね!
テンションがさらに上がります。

初の洋楽カバーにはびっくりしました。
そして次の曲は、ゴスペル隊のコーラスから。
またカバー曲かな?なんて思っていたら、なんと「Mysterious eyes」!
由利さんが歌い出すまで曲名が分かりませんでしたね。
アップテンポのパンクバージョンで、ゴスペル隊もノリノリ!
コーラスもすてきでした。

本編ラストは「Fall in Life ~Hallelujah~」!
アルバムで聴いたときから、ライブの定番曲になるな!と思っていました。
今はまだおセンチな気分になってしまいますけれど、聴くとやっぱり楽しくなる曲です。
古井さんもサビ前で「いくよー!」と手を突き上げてくれます。
この一体感が最高でしたね。

MCでは、「Over Drive」のコナン君とのイベントの話がありました。
ここで名言が出ます。
「コナン君は一人だよ!」
着ぐるみコナンについて、由利さんはあくまでも「コナン君」として扱っていました。
他のメンバーが夢のない発言をしそうになる度に怒る由利さん。
なだめる他のメンバー。
なんともなごむ光景でしたね。
そんなやり取りをまた見たいです。


最後に、「MINIQLOコーナー」について。
このライブでは、由利さんとおかもっちがユニット「MINIQLO」として曲を披露していました。
何故かDVDには収録されませんでしたね。
MINIQLOは、ツアーライブではこのライブが初登場だったかと思うのですが、初めの頃はかなり疑問でした。
なんで二人のユニットなんて作るんだろう?と。
せっかくGARNET CROWのライブに来ているのだから、七さんと古井さんにもずっとステージ上にいて欲しい。
そう願っていましたが、結局最後までそのようなスタイルにはなりませんでした。
もちろん、MINIQLOとしての曲は大好きですし、ライブ会場限定のCDを聴く楽しみもありました。
それだけに、GARNET CROWのライブでの「MINIQLOコーナー」には残念な思いがありましたね。
これもGARNET CROWライブの変化の一つ。
そうとらえるには、少し時間がかかったでしょうか。
そんなほろ苦い思い出もある「MINIQLOコーナー」です。

関連記事

コメント

ダンシングゆりっぺ

けいさん、こんにちは。
毎週コメントしてすみません。。。

「MINIQLOコーナー」問題、当時は結構深刻だったんですね(笑)
今となっては当たり前のようになっていますけど、二人だけで歌っている
ところを初めて見た人にとっては「なんで?」と疑問符が付くところでしょう。

ライブに参加できなかった自分としては、DVDに「MINIQLOコーナー」が
収録されていないことが残念でなりません。
MCもそうですが、これもライブに参加した方だけの特権なんですね。。。
確かにライブに参加しなくても全部をDVDで見ることができてしまうと
ライブに来てくれる人が減ってしまう・・・なんてことはないと
思いますが、少しくらい参加した方に特典があった方がいいのかなぁ。
が・・・、当時まだファンになってなくて参加しようにもできなかった
ファンのことも考えるとやはりMCやミニクロコーナーも入れてほしいと
正直思ってしまいます。
GIZAさんには今後「完全版」の発売を期待したいところです。
さていくらになるでしょうか(笑)

ちなみに自分は初鑑賞での『Lose My Breath』のゆりっぺダンスが
印象的すぎて、ゆりっぺのダンスだけを観るためにDVDをセットする
ことがありました。
それくらいあのダンスは強烈でしたね。
「おぉ!ゆりっぺが踊ってる!!」と心の中で叫びましたから(笑)
それと同時に「THE FINAL」の時に生で見た『ロンリーナイト』の
はじけたダンスが頭に浮かびました。
どっちもインパクト大ですね。

それにしても、けいさんの「ライブの思い出」はいつも楽しそうな
当時の雰囲気が伝わってきて、自分もライブに参加したような錯覚に
さえおちいりますよ(笑)
もう2011年に入ってしまいましたが、残りの「ライブの思い出」も
楽しみにしています♪

Holy groundさんへのお返事

Holy groundさん、こんにちは(^^)
お忙しい中、いつもコメントをいただきましてありがとうございます☆
もう謝るのはなしですよ!楽しみにしているのですから!

「MINIQLOコーナー」が恒例になるとは思ってもみませんでしたね。
はい、当時はもう、深刻でした!!(笑)
こういう変化になかなかついていけない私は、いろいろなところで動揺していました。
すべて、「今となっては」ですけれどね(笑)

ライブDVDは、発売当初から「MCを入れて欲しい」という声がありましたね。
収録時間の問題とか、会社側の都合とか、ファンには分からない事情があったのかもしれません。
そうですね、「完全版」を期待したいですね!
値段は…お手ごろ価格とはいかないのでしょうねぇ…(笑)

由利さんのダンス、かわいいですよね!
Holy groundさんには強烈でしたか(^^)
会場にいたらきっと、私のように、由利さんに釘付けだったのでしょうね。
踊ったり振り付けがあったりと、由利さんも楽しんでいる様子が分かると、こちらも本当に楽しくなってしまいます♪

私の思い出を楽しんでいただけて何よりです(^^)
ライブ当日の記憶か、DVDの映像か、はたまた友人に聞いた話が入り込んでいるのか・・・
記事を書きながら何度も手が止まっていますけれどね(笑)
残りわずかとなっていますが、最後まで楽しんでいただけるよう、気合を入れて書きますね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)