【GARNET CROW Happy 10th Anniversary livescope 2010 ~THE BEST TOUR~】


プレミアムボックスの「LIVE MUSIC EFFECTS」。
これを聴くと、ライブ開始直前の高揚感を一気に思い出します。
デビュー10周年のライブも大興奮のオープニングでした。
カーテンが上がりながら手拍子!
もう、わくわくが止まらん!!
そして1曲目、「涙のイエスタデー」のポップアップで由利さん登場!!!
このときの衝撃はすごかったですねー!
大きな歓声の中、私はなぜか大笑いしていました。
いつものツアーライブとは違うんだろうなぁ。
という私の期待は、開始早々さらに大きくなったのでした。
今、このライブのDVDを観ると、由利さんも七さんもニコニコ。
古井さんとおかもっちもノリノリです。
2曲目は、デビュー曲の「Mysterious Eyes」
この曲は外せませんね。
あぁ、記念のライブなんだなぁと実感しました。


このライブでは、メドレー曲がいつもより目立っていたように感じます。
1曲ずつを短くして、曲数を増やすことを優先させたのでしょうか。
フルで聴けない曲が多いことは少し残念でした。
けれどその反面、いろいろな曲が聴けて嬉しかったのも事実です。
イントロで曲名が出てこない曲があったり、意外な曲が披露されたり。
そんな曲も多かったですね。

中盤に披露されたのは、やはり外せない「夢みたあとで」。
私が参加した公演では、由利さんが途中でつまってしまう場面もありました。
「夢みたあとで」はメンバー・ファンともに、とくに思い入れのある曲。
由利さんも歌いながら、10年間の思いがあふれてきたのでしょうね。
次の「Holy ground」も心配しつつ、見守るような気持ちで聴きました。


実は私、この後はちょっぴり苦い思い出になります。
この日は体調が万全ではなく、ライブの中盤から座っていました。
そして、「Holy ground」を見届けてから一度席を離れることに。
廊下のモニターで本編最後の「こよエデ」を観るという、初めての体験をしてしまいました。
もうこんなこんな事態にならないようにしたい…と誓った瞬間でもありましたね。
アンコールで席に戻り、そこからは最後まで楽しむことができました。


このライブで初披露された新曲「Over Drive」は、いつになく爽やかな曲だなぁという印象を持ちました。
のちにCDで聴いて、その印象はさらに強まりましたね。
大ラスの「スパイラル」では、今回もショルキー古井さん!
いつもの定位置を飛び出します。
おかもっちもあちこちでジャンプ!
スタンディングライブだった「STAY」ライブからでしょうか。
いつの間にか「スパイラル」では、客席も含めてみんなでジャンプするようになっていました。
これは楽しかったです!
ラストだからとばかりに、思う存分飛び跳ねていました。
あの興奮を思い出すにつれ、ライブ後の心地よい疲労感をまた味わいたいなと思ってしまいますね。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)