スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「夢のひとつ」


いい曲です。
聴くたび、情景を想像しては泣きそうになっていました。
最後も盛り上がって終わるので、よりドラマチックな余韻が残ります。

この曲の中でとくに印象的なのが、中盤のギターソロ。
初聴きのときから「ここ、いいなぁ」と気になっていました。
のちに、もとはメロディーラインだったと知りました。
Dメロで歌詞をつけるところをギターソロに変更したそうです。
だからあんなに印象に残るメロディーなんだなと納得しましたね。


このCDジャケットが、ファンの間で一時話題になりました。
「おかもっちが貴公子のようだ!」と。
次のシングルのジャケットもかっこよくて、失礼ながら、急にどうしたんだろう?といった感じでしたね。
しばらくライブなどでメンバーからも話題にされていました。
おかもっちいわく、「カメラマンさんが、かっこよく撮れる角度を把握し始めた!」とのこと。
からかい気味のメンバーとのやり取りが面白かったです。


カップリングの「短い夏」は、CDのリリース前にサビだけ聴いていました。
ネット配信されていた「GARNET TIME Special」で流れていたのです。
リリース後、CDを聴き始めてすぐに違和感を覚えました。
イントロ・Aメロと、頭の中にあるサビのメロディーがつながりません。
どうつながるんだろう??
ドキドキしながらサビまで聴くと…
自然につながりました!
もし最初からCDを聴いていたら、何の違和感もなく1曲丸ごと聴いていたかもしれません。
不思議だなぁと思いつつ、なんとも心地よくて、繰り返し聴いていました。
そしてこの曲は、MINIQLO(由利さんとおかもっちのユニット)でも出しています。
こちらもまた雰囲気が変わって好きです。
歌詞にある「バケーション」をより感じられるアレンジかなと思います。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。