スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「涙のイエスタデー」


思い出が詰まった曲です。
イントロを聴くと、いろいろな思い出が一気によみがえります。
嬉しくて、わくわくして、どきどきして。
そんな思い出ばかりです。


まずは、「GARNET CROWらしい話」から。
この曲はGARNET CROWの通算100曲目の記念すべき曲でした。
バージョン違いなどを除く、全シングル曲・カップリング曲・アルバム曲の合計とのこと。
それを知った時に自分でも数えてみて、「ほんとだ!」と自己満足していた記憶があります。

「これから何か始まるぞー」と期待感を膨らませるような、わくわくするイントロ。
サビでの弾けっぷり。
ポップな作りのPV。
どれも、GARNET CROWらしくないものです。
そんな「涙のイエスタデー」の、由利さんのコメントを見たときには思わずにやりと笑ってしまいました。
「記念の100曲目にGARNET CROWらしくない曲をもってくる、そんなひねくれ感がGARNET CROWらしい」
なんて分かりづらい曲なのでしょう!
そして、なんてGARNET CROWらしい!!


お次は、「ライブの思い出話」です。
ライブではみなさん、イントロでボックスをふんでいました。
そして、あるときのライブでは、由利さんがポップアップで登場!
初めてライブで見たときの驚きと興奮、そしてなぜか大笑いしてしまった記憶が忘れられません。
今でもイントロを聴くと、おかもっちのちょっとぎこちないボックスから由利さんのポップアップまでがセットで浮かんできます。
どうにもにやけてしまって仕方ない曲です。


最後は、「出会いに感謝している話」です。
GARNET CROWはこの曲で音楽番組「HEY!HEY!HEY!」に出演しました。
そして幸運にも、番組収録に当選した私。
ファンクラブイベントの直後だったので、また会える!と嬉しかったですね。
ちなみに、私が当選したのは、曲の収録の観覧でした。
トークの収録はまた別で、そちらはテレビ放映までのお楽しみでしたね。

収録当日は、台風が去った直後でした。
集合場所で整理番号順に並んでいるときの話題もまずは、「無事に電車が動いていてよかった!」でしたね。
台風が心配で、車を飛ばして夜のうちに収録場所の近くまで来ていた方も!
先日のファンクラブイベントの話から、GARNET CROWのファンになってどれくらいか、どのライブに参加したか、などなど。
さすがファンクラブの会員が集まっているだけあって、楽しい話題は尽きませんでした。
そして、そのとき出会った方たちとは今も交流があります。
この収録がなければ出会えなかったかもしれない。
そう思うと、このときの出会いには本当に感謝しています。


「HEY!HEY!HEY!」収録の話をもう少し。
収録前に控え室で待っていたとき、数人の方からある提案がありました。
誕生日が近い由利さんと七さんにハッピーバースデーを歌おう!というものでした。
すでにスタッフさんには許可を取ってあります!とも。
周りはファンだらけとはいえ、大勢の人に提案をする勇気とその行動力に感心しました。

そして演奏の収録。
小さなスタジオだったので、メンバーとの距離はほんとに近かったです!
演奏が始まると、言われていたとおり、頭の上でずっと手拍子をしていました。
盛り上がっているライブのように撮影するためだったそうです。
1曲丸々でしたのでさすがに腕が疲れましたが、目の前での演奏は夢のようでしたね。

メンバーが歌い終わって去る直前、「せーの!」の声が。
それを合図に、みんなでハッピーバースデーの歌を歌いました。
メンバーは最初驚いていましたが、最後には古井さんとおかもっちも一緒に拍手していましたね。
由利さんと七さんも嬉しそうにしていました。
後日、由利さんが雑誌の連載コーナーで、この時のことを書いてくださいました。
本当に嬉しかったです!と。
それを読んで、私はなんとも幸せな気持ちになりました。
あの場にいた人たちが読んだら、同じように感じたのではないかなと思います。
気持ちが伝わったことを伝えてくれる。
由利さんのそういう優しさが大好きです。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。