FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【GARNET CROW livescope 2006 ~THE TWILIGHT VALLEY~】


しばらくトラウマ気味になっていたライブです。
とは、少し言い過ぎでしょうか・・・。
けれども私にとってかなり衝撃的なライブだったのは事実です。


いやもう、本当にびっくりしました。
全身黒の衣装で登場した由利さんが、3曲目で全身ミラーボールになったんですから!
ファンクラブで取ったチケットは良席で、1階のほぼ中央でした。
目の前のことについていけず、いったいどうしたんだろう??という思いのままライブは進みました。
ライブの流れや選曲も、前回までとはまったく異なっていました。
今までのGARNET CROWはなくなってしまうのか?
そんな不安にも駆られながら、ライブ終了。
このツアーで初めて2公演参加できたのは、とてもありがたいことでした。
2公演目でやっと「曲」を聴くことができましたから。
それだけ最初のインパクトは強すぎるものでした。

ライブDVDが発売されて改めて観ても、衝撃はもうありませんでした。
けれど、やはりちょっと残念に思ってしまいました。
1曲ずつは大好きなGARNET CROWなんです。
けれど、続けて観て、ライブを堪能した!という感じにはならないんですよね。
それまでのGARNET CROWでは、アルバムもライブも、始めから終わりまで通して一つの作品だと感じていました。
もうあの感覚はないのか・・・なんて思うと寂しさすら感じました。
気になっていたのは、メンバーがこのライブをどう思っているのか、ということです。
「君の思い描いた夢 集メルHEAVEN」のときと同様、このライブについてのインタビューはどきどきしながら読みました。

読んで、安心しました。
というよりも、大好きなGARNET CROWについていこう!と思いました。
その頃にはもう、メンバー自身のことが大好きになっていたのでしょうね。
GARNET CROWが「変化する」というのなら、私もその変化を見届けたいと思ったのでした。
このライブ以後も、私が感じる「変化」というものはありました。
複雑な気持ちになったこともあります。
それでも、このライブの時のような不安はもう感じませんでした。
GARNET CROWを熱心に追いかける自分と、その姿を冷静に見つめる自分。
いつの頃からか、そんな風になっていたような気がします。


最近、久しぶりにこのライブDVDを観ました。
モノクロで始まります。
黒一色から一転、銀色になるのは3曲目の「Holding you, and swinging」から。
会場でもここで空気が変わったのを思い出しました。
今までのライブDVDと大きく変わっているのは、そんな映像の作り方です。
他にも、コマ送りになったり、画面のカットが複数になっていたり。
ライブのみならず、DVDとも「魅せる」ことを意識しているのでしょうね。
曲順はテンションの上げ下げが忙しく、今観ても疑問に思う箇所があります。
それでも、最初の挨拶にあったように「2年ぶりのlivescope」というのは随所で感じられました。
MCには余裕がありますし、由利さんの動きがのびのびしているように見えます。
久しぶりにDVDを観て、メンバーがほんとうに楽しそう!と思いました。
今までとは違うライブをするドキドキ。
そして、ライブが楽しくてたまらない!!
そんな気持ちでいっぱいだったんだろうなぁと、今なら純粋にそう思います。
思いっきり楽しめたライブではなかったですが、懐かしさがこみ上げてくるDVDです。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。