「今宵エデンの片隅で」



ライブでは、ラストの定番曲がいくつかありました。
「今宵エデンの片隅で」はその中の一曲です。
イントロを聴くだけで、ライブでの由利さんの声が浮かんできます。
「次でラストソングとなってしまいましたー!」
「こよいっ!えでんのっ!かたっ!すみでーー!!」
これはそのまま、ライブ音源のCDに収録されています。
このときのライブでは途中に替え歌も。
聴きながらニヤッとしてしまいます。
そしてサビは、お決まりの掛け合いです。
「世界がっ!」「スパーク!!」
「眠れぬ夜はっ!」「クレイジークレイジデーイズ!!」
由利さんが客席を指さしたり、ステージを端から端まで動いて手を振ってくれたり。
そんな様子も浮かんできます。
あぁ、楽しい時間が終わっちゃう。。。
そんな寂しさもよみがえってくる曲です。


カップリング2曲目の「nonsense」は、ノリのいい曲です。
ライブにぴったり!と思っていましたが、こちらは定番曲にはなりませんでしたね。
カラオケでは歌いたくて歌うのですが、まぁテンポの早いこと!
ついていけなくなります。
でも歌いたくなっちゃうんです。
ジレンマです。


ちなみにこのシングルに収録されている3曲はすべて、初聴きのときに同じ感想を持ったことを覚えています。
「このフレーズ、あの曲に似てる・・・」と。
全曲同じ制作陣で作っていますから、それは仕方のないことです。
これ以前も以後も、大して気にはしていませんでした。
ただ、最後のアルバムとなった「Terminus」は少し違いました。
初聴きで「あれ?この曲も?」と違和感を持つくらい、「何かに似てる」曲が多く入っていました。
このアルバムについてはもう少しあとに書きますね。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)