スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「僕らだけの未来」


以前、「歌の大辞テン」という番組がありました。
そこでの由利さんのコメントをいつも思い出してしまいます。
間違えられたことがある、とのことで、「僕だらけの・・・ではないですよー」と。
七さんも隣でうなずいたりしていて、かわいらしかったです。


この頃か、もう少し前くらいからでしょうか。
リリースの度に、GARNET CROWが音楽番組に出演するようになりました。
この曲もいくつかの番組で演奏していたように思います。
途中のおかもっちのギターがかっこいいんですよねー!
ライブに行ったことのない当時の私にとって、テレビの中の彼らがすべてでした。
演奏している姿を見るのはほんとにどきどきしましたね。

カップリングの「Float World」と「lose feeling」は、どちらもあまり印象のない曲でした。
ぼやけた感じで似ているなぁ、といったイメージで。
ところが、あるとき聴き返してみたら、それぞれまったく違いました。
まず「Float World」は、こんなに強い曲だったのか!と驚きましたね。
イントロやアレンジは「Float(=漂う)」のイメージそのままです。
けれど、歌詞や歌い方はかなり強い、と思いました。
とくにDメロにはぐっときます。
「lose feeling」は、曲を通してふわふわした印象です。
とはいえ、歌詞は出だしから重く、暗いです。
救いは最後、なんとか光が見えたのかな、というところでしょうか。
GARNET CROWはダークな曲が多いですが、絶望的な曲は少ないです。
そこがまた「味」なのかもしれませんね。クセになります。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。