スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「クリスタル・ゲージ」


キラキラとしたイメージの曲です。
歌詞が音に合わせて踊っているような感じでしょうか。
ふわふわと、由利さんが詞を音にのせていくような、そんな歌い方です。
間奏のギターがきれいだなぁと、聴くたびに思います。
ふーっと来て、去っていく。
聴き始めると、あっという間に終わってしまって、繰り返し聴いてしまいます。


最初、この曲がシングル曲だと知ったときは意外に思いました。
今まで聴いてきたGARNET CROWの曲とはどこか趣が違う。
そんな気がしていたからです。
歌詞も今まで以上に難解で、どう捉えていいのか分かりませんでした。
でも、GARNET CROWはこういう曲もシングルで出すのかと、新鮮な気持ちにもなりました。
のちにメンバーがインタビューなどで話していたことがあります。
「クリスタル・ゲージをシングルで出せたことは大きなことだった」と。
それを読んで、とても安心した記憶があります。
私が感じたシングル曲としての違和感は、外れたことではなかった。
メンバーも意識していたことなのだと。
この頃から、GARNET CROWに対するイメージが私の中で出来つつあったのかもしれません。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。