スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご挨拶と、かなり未定な今後の予定


こんばんは★
当ブログにお越しいただきありがとうございます。
アクセス解析を見ると、1日のアクセス数が急激に増える日があったりして。
まとめて読んでいただけたのでしょうね。
ありがたい限りです(^^)

さて今回は、今後の更新予定についてのお知らせとなります。
タイトル通り、あいまいで申し訳ないのですが、よろしければお進みくださいね。


[モチーフ]記事を書こうと決めてから集めた本。
その中でまだ記事にしていない本は、残りあと2冊となりました。
「老人と海」と「幸福な王子(ワイルド童話全集)」です。
ワイルドは、正直に言いますと、避けていました。
理由としては、七さんが大好きな作家ということで尻込みしていたこと。
そして、以前読んだ時の印象が「小難しい!」だったこと…(笑)
私も歳を重ねて、少しは理解できるようになったかなと、淡い期待を抱きつつの再挑戦です。

もう1冊の「老人と海」、実はブログを始める前から手元にある本です。
この本も興味深いのです。
かなり前に切り取って本に挟んでいた新聞の書評がずっと気になっていました。
そこには、「作品のイメージががらっと変わる新訳」とあります。
ちなみに私が持っている本は、旧訳です。
翻訳本が苦手な私でも、このように比べる楽しみ方があればとっつきやすいかなと思います。
…今まで寝かせていましたが(笑)


次は「老人と海」かワイルド、どちらかの本の[モチーフ]記事を書きたい。
今はそんな風に思っています。
記事として形になるのは、1ヶ月以内か、1年以上先か…。
先日お伝えした理由により、このブログはあと1ヶ月ほどで一時お休みとなる予定です。
生活が落ち着くまでどれくらいかかるのか、今は検討もつきません
けれど、再開するつもりでいます。
きっとまた、GARNET CROWのことを書きたくて仕方がなくなるときが来るでしょうから(笑)
それまで皆さんにこのブログを忘れないでいて欲しいなと、切に願うばかりです!!

関連記事

コメント

No title

けいさん、こんばんは♪
暑い日が続いていますが、体調は大丈夫ですか?

モチーフのための本は先に集められていたんですね。
七さんのお好きな本は難しい印象があったのですが、ワイルドは特に・・なんでしょうかね(^▽^;)
七さんのワイルド作品に対する思い入れが強いからこそ、理解できるかなとか捉え方が違ったらどうしようとか考えてしまうものかもしれませんね。
・・なんてほとんどのモチーフ本を読んでない私が言うことじゃないですけど(・・;)
話はずれますが、読んでないファンの方は結構いるものなのでしょうか・・・。
今更ながらそういうファンでもいいんでしょうかね(・_・;)
自分の話をしてしまってすみませんが・・。

「老人と海」の「作品のイメージががらっと変わる新訳」はどんな内容なのでしょうね。
見比べるのが大変かと思いますが。。。
翻訳というものが、言葉だけじゃなく作者の意図を組まなきゃいけないから、その捉え方がまた違ったことで‘イメージが変わる訳’が出てくることもあるんですね。

記事は毎回楽しみにしていますが、急がずゆっくりの更新で良いと思います。
けいさんの記事の内容上、(特にモチーフ記事は)考えに考えてまとめあげるにはとても時間がかかると思いますので、いつとは言わなくても大丈夫ですよ☆
忘れるなんてことないですから、書ける余裕が出来た時にぜひ再開してくださいね。

前回の「百年の孤独」の記事には、近々コメントさせて頂きます。
もう一ヶ月も経ってしまって・・・・私のブログにはいつもすぐコメントいただいているのにすみません・・。
それではまた!

奈里さんへのお返事

奈里さん、こんにちは。
お気遣いありがとうございます(^^)
本当に毎日暑いですね。
今年は無理せず、涼しいところで過ごすようにしているので大丈夫ですよ!

>理解できるかなとか捉え方が違ったらどうしようとか
モチーフを読みながら、いつも心配になりますね。
七さんが自身の詞の解釈に「正解」を求めてはいないと分かってはいるのですけど。
もっと分かりやすいお話をモチーフにしてくれたら…
いや、これでこそ七さんだ!
なんてぐるぐる思いながら記事にしています(笑)

ただGARNET CROWの曲が好き、というファンも多いと思いますよ。
私はメンバーのことも好きになってしまったので、活動中はイベントへ行ったり、今はこうやってモチーフに触れて「なぜこの歌詞に…」と考えてみたりしていますが。
結局は、自分はファンだと思えればいいのではないでしょうか☆

翻訳はたしかに、著者と翻訳者との間にも「解釈」が入りますからね。
原文を読めたらまた違った読み解き方ができるのかもしれません。
(無理ですが(笑)

>忘れるなんてことないですから
嬉しいお言葉をありがとうございます!
また楽しんで読んでもらえるように、きちんと練り上げて記事に仕上げたいと思います。
コメントについては、こちらもお時間のあるときに、ゆっくりでいいですからね。
私からのお返事もゆっくりになりがちですし。
いつでも気軽にお立ち寄りくださいね♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。