FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストライブと「区切り」


2013年6月9日のラストライブをもって、GARNET CROWは解散しました。
私の中で、この日が解散の日だという実感はあまりありません。
解散の告知を目の前で聞いた「あの日」。
2013年3月30日からすべてが変わった気がしています。

事実を受け入れなければいけないという気持ち。
寂しくて悲しくて、どうしようもない気持ち。
「あの日」からずっと葛藤していました。
どこかで区切りはつけられるだろうか。
次第にそんな気持ちになっていましたね。


ラストライブに参加する前は、ライブ後のことは考えられませんでした。
想像がつかなかったということもあります。
もしくは、考えないようにしていたのかもしれません。
GARNET CROW最後のライブに参加したい。
その気持ちでいっぱいでした。
チケット争奪戦があって、多くの方のおかげでチケットを入手できて、大阪遠征の準備をして。
バタバタと日が過ぎていきました。
そしてラストライブの日を迎え、終演。
ラストライブ後、いろいろな感情が沸き起こっていた気がします。
記憶が曖昧で、断定できることは少ないのですが。
その中で一つだけ、忘れられない思いがあります。
「区切りにはならなかった」
これだけは、はっきりと覚えているんです。
やはりライブ前に期待していたのかもしれませんね。
最後のライブが終わったら…と。

あの頃をどれだけ思い返してみても、どこにも「区切り」はありません。
日が経つにつれて、つらい気持ちが薄れていく。
ただそれだけのことでした。
私には結局、「時間」が必要だったんです。

GARNET CROWの解散直後、あるバンドのインタビュー記事を読みました。
そのバンドの音楽を「○○サウンド」と表現していました。
私はその言葉がすごく悔しくて。
GARNET CROWも、もう少しで「GARNETサウンド」と言われていただろうに、と。
嫉妬することも、対抗心を持つこともないのだと分かっていました。
それでも、「GARNET CROWだって…!」と思わずにはいられませんでしたね。

「あの日」から、日々のモヤモヤが増えていきました。
はき出したいけれど、外には発信できない。
そんな時は、メールを打って下書き保存していました。
SNS退会後は、送り先のない未送信メールがさらに増えていきましたね。
たっぷり1年間はそんな状態が続いていたでしょうか。
いつの間にか、心の中だけで整理できるようになっていました。



ラストライブ後のことは考えられなかった、と先述しましたが、ライブ前に唯一決めていたことがあります。
ラストライブが終わったら、感謝の気持ちを込めて手紙を出そう、と。
行動に移せたのは、8月になってからでしたね。
友人たちとガネカラをしたあと、4種類の便箋と封筒を買いました。
由利さんには、可愛い&おいしそうなスイーツ柄。
七さんには、ちょっとシックな小鳥の絵柄。
古井さんには、ネコが描かれたもの。
そしておかもっちには、手紙の留め口がカバの口になっているもの。
メンバーそれぞれの様子を思い浮かべながら選ぶのは楽しかったですね。

最近、下書きした手紙が出てきて、読み返してみました。
きっと今でも同じことを書いただろうなぁという内容でした。
とはいえ、もし今メンバーに手紙を出すとしたら・・・
「会いたいです」という言葉も追加するでしょうね。

関連記事

コメント

No title

けいさん、こんばんは☆
今回はラストライブ前後の時の気持ちについて書かれているんですね。

2013年3月30日は、解散までのカウントダウンの始まりの日ですからね・・・。
この日から色んな気持ちが増えたと思います。
けいさんは目の前で解散の事実を聞かれたから、よりその日から変わったという気がするのでしょうね。
もちろん人それぞれだと思いますが、私の場合はライブに行った5月24日や解散した日の6月9日の方が印象深いです。
そして葛藤もありました。

想像がつかなかったことや考えないようにしていたということは、とても納得できました。
自分が今抱えている気持ちがどう昇華していくかなんて、自分自身でもわからなかったと思います。

解散を迎えたからといって気持ちが切り替わるものでもないですし、多くの方が明確な「区切り」にはならなかったのではないでしょうか。
「時間」は本当に必要ですよね。
今だからこそ言えるのかもしれませんが、変わった気持ち・変わらない気持ちの両方が存在していますし、何を以って「区切り」をするのか曖昧ですね。

「GARNETサウンド」という表現、聞いてみたかったですよね・・・。
他に例を見ないバンドでしたから、もっと早くいわれていても良かったんじゃないかと思っていました。

なかなか伝えられない思いを、1年も心の中に秘められていたんですね。
切なさがとても伝わってきました・・・!

メンバーに似合うデザインを選んで手紙にされたのでしょう。
会いたい気持ちはずっと変わりませんよね。

すみません・・・

先ほどのコメントを少し訂正させてください。

‘何を以って「区切り」をするのか曖昧ですね’→‘いつ何を以って「区切り」となったのかも曖昧でしたね。

‘他に例を見ない’→‘他に類を見ない’

すみませんでした。。

奈里さんへのお返事

奈里さん、こんばんは(^^)
わざわざ修正までしていただきありがとうございます☆
奈里さんが「しっかり伝えたい!」とコメントを寄せてくださったことが嬉しいです♪

3月30日の告知からは、心が落ちつかない日々でしたね。
奈里さんも葛藤があったのですね。
人それぞれ、ですね。
私はというと、解散まであと何日…とは意識していなかった気がします。
6月10日からだって、それまでと同じような気持ちでいましたから。

> 自分が今抱えている気持ちがどう昇華していくかなんて、自分自身でもわからなかったと思います。

本当にそうです!
これからどうなるんだろう…と不安な気持ちもありましたね。
漠然と、何となくでも区切りはつくのかなと思っていたのですけれどね。
すぱっと思い切れたら、どれほど楽だったかわかりません。

> 今だからこそ・・・

ほんとにほんとに!
想像すら出来なかった「今」があるなぁと思います。

「GARNETサウンド」という言葉が、当たり前のように使われる日が。。。
もっと早く来ていても良かったですよね。
残念です。

解散直後の手紙には、感謝の気持ちしか書けませんでした。
もうすぐ3年かぁ…と思ったら、会いたいなと無性に思ってしまいましたね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。